資産運用

金利の簡単解説!複利と単利の違いを理解する!

金利は聞いたことがあるけど、複利?単利?って何?という方に、見習いFPがわかりやすく解説します。
複利を知ってるか知らなで人生変わります!って大げさですが、ほんと大事なので最後までご覧ください。

それではいきましょう!

そもとも金利とは

「お金の貸借において借り手から貸し手に支払われる利息の、賃借された金額に対する割合」とのことです。わかりずらい。
要は、お金を借りる側が返済するときに余分に払う手数料です。
100万円借りたら、一年後に101万円で返したときの1万円が利息となり、
金利が1%とななるということです。

「単利」と「複利

単利・・・「預けた元本のみ」に利息がつく
100万円の預けて年利が5%の場合、1年目の利息は5万円になります。
2年目もおなじ5万円の利息です。
3年目もおなじ5万円の利息です。

複利・・・「元本+利息」利息がつく
複利はある一定の期間に支払われた利息が次の期間の元本に追加され、
その増えた元本をもとに次の利息が計算されるということです。

100万預けて年利5%の場合、1年目の利息は5万円になります。
2年目は元本が105万円となりそこに5%の利息がつくので、
2年目の利息は52.500円となります。
3年目の利息は55.125円となります。

単利と違い毎年一定ではないということが超重要です。

元本が毎年増えていくので、利息の金額はどんどん大きくなるということです。

アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだのは「複利」である

20世紀の物理学者のアインシュタインも複利の力を認めているのです。
資本主義社会の急成長を見たアインシュタインが、その原動力となる金融の力の象徴として
複利を引き合いにだいしたといわれているそうです。

資本主義社会に生きている我々です。このルールを知らないで生きてるのは、あまりにももったいないと思います。

スポーツのルールがわからければ、勝てないのと一緒です。
人生は勝ち負けではないですが、社会のルールは勉強しといほうが良いです。

それでは、また

今回の記事についてまとめます

  • 複利効果は長期の視点でこそ、その威力を発揮します。
  • 小さいことはコツコツで続けていくことが重要です。(←複利の考え方)
  • 最低限の金融の知識を勉強すること。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。