ライフプラン

繰り下げは損?得?【人生後半のマネー設計】

今回の勉強内容は年金受給の開始時期についてです。

基本は65歳が開始年齢なんですけど、皆さんは早くもらうことができたり、遅らせたりすることができるのご存じでしたか?

開始時期を変えることで受給額を変えることができるのです。
今日はその活用法を学んでいきましょう!

そもそも年金の繰り上げと繰り下げってどんな制度?

繰り上げ繰り下げ説明

年金の受給開始年齢は原則65歳だけど、今は60~70歳で選ぶことができるんです。

65歳より前に繰り上げると年金額は1か月ごとに0.5%減り、繰り下げると同0.7%増えるという制度です。

ちなみに現在の国民年金の加入40年の満額は78万1700円です。

繰り上げは早くもらえるけど、減額された額が一生続き、繰り下げはもらうのが遅くなるがその分増えた額が一生亡くなるまで続くいうわけです。

どっちが得なのかはその人次第でいつ亡くなるのかがわからないから正解はないです。

ただ目安としては損益分岐点をわかっていることは大事かと思いま

そんな会計用語使われてもわからないんですけど

ようは、繰り下げが繰り上げをトータル金額で勝るにはおおよそ12年かかるということです。12年後は損益分岐点になります。繰り下げを70歳までした場合には82歳で逆転するということです。

もう一つ例をあげると60歳で繰り上げした場合は定時の65歳からもらう人とくらべたら、12年後の72歳で65歳からもらってる人にトータル金額では以降負けるということです。

ただ、注意点として、年金が増えると税金や社会保険料の負担も増えるため手取り額の損益分岐点は3~5年ほどのびるので気をつけて利用しよう。

長く働くこと、自己資金を活用すること

老後の資金を考えるは年金の受給の時期を考えるだけでは足りないです。

ポイントは3つです 

1.できるだけ長く働くこと

2.自己資金を運用すること

3.資金状況をみて繰り上げ、繰り下げの判断をすること

何歳まで働くのか、自己資金はいくらなのか、健康状態はどなるのかなどを総合的に見て判断することが大事ではないかと思います。

要点まとめ

老後は皆にやってきます。早めの対策が必須です。
早くから対策がうてればいざという時にあわてずにすみます。
いろいろなところに情報のアンテナをはっておきましょう!

自分の払ってる厚生年金を把握していますか?
半分は会社が払ってくれていますが、結構払ってるとおもいますよ。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。