知っておきたい公的制度

病気やケガで会社を休んだ時の賃金保障【傷病手当金】

みなさんは傷病手当金という制度があるのは知っていますか?

これは健康保険に付属している制度で病気やケガで会社を休んだ場合に給料を手当しくれるとっても助かる制度なのです。

今回はそんな傷病手当金についてわかりやすく解説していきます!

それではいきましょう(*^^)v

そもそもどんな制度なのか教えてください

傷病手当金とは

傷病手当金は病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

支給される条件とは

業務外の理由による病気やケガの療養であること

入院に限らず、自宅療養も対象となります。
労災の対象や美容目的の診療は対象外です。

仕事に就くことができないこと

これは傷病手当金を申請するときに医師の証明が必要ということです。

連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

連続する3日間を待機期間といい、待機を完了した4日目以降に対して手当金が支給されます。
この時のポイントは、待機は有給休暇、土日、祝日等の公休日も待機に含まれるということ。
医師が証明する労務がができない期間の初日から待機期間のカウントがはじまるということ。
になります。おさえておいてください。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

休業の期間中に給与の支払いがないこと

病気やケガで会社を休んでいても、有給により給与の支払いがある場合は傷病手当金は支給されません。

支給される期間は

傷病手当金の期間は最長1年6か月です。
復帰後、同じ病気やケガで休む時にはリセットされずに復帰期間も含めた1年6か月になるということです。

 

支給される額は

傷病手当金は1日あたりいくらという日当で計算されます。

式にすると

(継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額)÷30×2/3

ざっくり言うと月の給料を30で割った金額の2/3というイメージです。

申請方法とは

自分の所属する保険組合にて申請手続きをすることができます。

必要なときには問い合わせみましょう。

ちなみに、国民健康保険には傷病手当金の制度はない場合が多いのでご注意ください。

今回は傷病手当金について説明でした。
大事なポイントは病気になったときには高額療養費の制度があり、また会社を休むことになったときいは傷病手当金の制度あります。

国によりこのような手厚い制度があることが理解できたかと思います。
その上で民間の医療保険を検討する必要があるということです。

わたし自身も保険の見直しをしましたが、やっぱりかけすぎていた部分がありましたよ。保険もほったらかいしにはしないで、定期的に見直す必要がありますよ。

そういった情報もFPとして発信していくのでよろしくです!

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。