資産運用

少ない金額から資産運用のやり方を公開します!

ずばり個人型確定拠出年金です!イデコを活用しよう!

人生100年時代、銀行に預金をしているだけではお金は増えません。
まあ減りもしないので、日本人は銀行に預けてしまいますが・・・。

ですが、金額は減らないけど、お金の価値は下がるかもしれないのです。
預金はインフレ(物価上昇)に弱いのです。
私の子供のころは自販機のジュースは100円でかえましたが、今では140円。
そんなものがたくさんありますよ。徐々に上がっていっているのです。

ただ預けているだけでは、価値が目減りしていってしまうというわけです。

なんで株式投資の登場です。株はインフレにも強いのです。
物価が上がって景気がよくなれば、会社の株もあがるというわけです。

投資なんてしたことないからわからないという人も、全然心配いりません。

わたしも1年前まで未経験でしたが、ネット証券で口座を開き、
投資信託を買うことができました。大切なのは続けることです。

老後資金は公的年金だけでは、不十分でしょう。自分で積み上げいくことがますます必要になると思います。

イデコには3つの税制メリットがあります!

1、住民税と所得税が軽減できる

掛金の全額が所得控除になります。全額というのがポイントです。
これにより課税所得がへるので節税効果があるのです。

2、運用収益がすべて非課税

通常、株や投資信託には利益に対して20%くらいの税金がかかりますが、そのすべてが非課税になるのです。
めちゃくちゃお得です!

3、退職金や年金として控除が適用

60歳以降になったら受け取る給付金にも退職所得控除と公的年金控除の対象になるので、ここでも節税効果が得られるのです。

税金面を考えただけでもパフォーマンスは高いです。
これに商品自体のパフォーマンスものるので年利で考えたら、銀行にすべてあずけるのがナンセンスだとわかるはずです。

自分は2.3万円を毎月積み立ててます

掛金は職業や会社の年金制度により上限掛金が違いますが、自営業さんは6.8万円もいけるのです。
自営業の方は国民年金だけで、厚生年金のサラリーマンにくらべるともらえる年金が少ないので
その分自助努力の範囲が大きいのです。
その分制税効果もでかいということです。

で、会社員はだいたい2.3万円です。専業主婦もできるようになったので、すべての国民が利用できる制度となったのです。

やらない理由はありません。少ない金額から勉強もこみでやっていけば、将来のリターンは大きくなると思います。

まとめ

1、人生100年時代を考えると資産運用は必要である

2、イデコは初心者でもやりやすく、節税効果は抜群である

3、「長期、分散、積み立て」の原則で運用をして時間を味方につけることがポイントです。

3については別記事でまとめていきます。

今日はここまで、さようなら。

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。