知っておきたい公的制度

医療費の自己負担が安く済む【高額療養費制度】

皆さんは高額療養費制度をご存じですか?

手術や入院で医療費が高額になるときに、ある一定の金額までしかお金はかからないとう自己負担を軽くする制度です。

また、民間医療保険に加入するときには、この制度を知っていることが大切なことだと思います。

今回はそんな高額療養費について勉強していきましょう!

高額療養費制度とは

高額療養費とは同一月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合一定の金額(自己負担限度額)を超えた分があとからはらい戻される制度です。

負担方法を説明した表の画像

まず、医療費総額があります。
そこから通常3割負担となるので、その金額が窓口での負担額です。(一度負担します)

次に年齢や所得によって自己負担限度額が決まります。

一度負担した窓口での負担額ー自己負担限度額=高額療養費として払い戻される仕組みです。

つまりいくら高額医療をうけたとしても、自己負担限度額以上はお金はかかりませんよということです。

その自己負担限度額の一覧がこちらです

平成27年1月診療分から

 所得区分

 自己負担限度額

多数該当※2

①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
(報酬月額81万円以上の方)

 252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1%

 140,100円

②区分イ
(標準報酬月額53万円~79万円の方)
(報酬月額51万5千円以上~81万円未満の方)

 167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1%

 93,000円

③区分ウ
(標準報酬月額28万円~50万円の方)
(報酬月額27万円以上~51万5千円未満の方)

80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1%

44,400円

④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
(報酬月額27万円未満の方)

 57,600円

 44,400円

⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)

 35,400円

 24,600円

※1総医療費とは保険適用される診察費用の総額(10割)です。

※2診療を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。

たとえば、医療費総額100万円の場合、窓口負担は30万円となります。

自己負担を計算すると
80.100+(1.000.000-267.000)×1%=87.430

30万からの差額分212.570円があとから戻ってくるということです。

限度額適用認定証を提示するば、最初から負担額は少なくてすみます

あらかじめ、医療費が高額になることが予想できるなら、自分の入っている健康組合に申請して「限度額適用認定証」を用意しておきましょう。(たいがいは、病院から言われると思います)

こうすることで最初の負担から先に例でみたら30万を負担するのではなく、87.430円の負担で済むのです。

高額療養費制度の利用方法

自分が入っている健康組合に支給申請書があるので、それをつかって申請しよう。

組合によっては手続き不要で自動でやってくれることもあるようです。そこは確認してくだされ。

記事まとめ

手術や入院によって高額な医療費なっても、この制度のおかげで実質負担は軽くなるので、そこはまで医療費の心配をする必要はないのは理解できたかな?
でも長く病気にかかったらやっぱり心配ではありますが・・・。
ある程度の自助努力は必要かもです。

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。