税金について

住民税を節税する方法!

今日は住民税を安くするため役所の市税課に行ってきました。

まずは住民税のそもそもを理解しよう

住民税は前年1月から12月までの収入にたいして1月1日の住所のある市区町村に
課税権があります。3月の確定申告のあと個人の収入データが役所に行き、役所が
住民税を確定させて、6月から翌年5月までの徴収となります。
簡単な流れはこんな感じで所得税との大きなちがいは
1、前年の収入にたいしてい課税されること
2、税が確定していること
です。細かいことはほかにもありますが、大事なポイントです。

課税の流れは
(収入ー給与所得控除ー所得控除)×税率(10%)-税額控除=課税額
簡単に式であらわすとこれです。
給与所得控除とはサラリーマンに認められた「みなし経費」です
これは計算式があるのでネットで参照してみてください。

所得控除が一番節税におけるポイントです
所得控除をつかうことで課税所得を減らすことができ、それが節税に
つながるからです。
その種類は14種類にも及びますが、全部は使えないと思うのでうまく活用
しましょう。

控除には人的控除と、生活に関する控除があり、
人的なほうは、会社がかってにやってくれるので心配はいりません。
生活に関す控除は自分からやるものなので手続きが必要になります。
サラリーマンなら年末調整でほぼできるので活用しましょう。

おすすめは生命保険料控除、小規模企業共済等掛金控除です。
保険や年金に加入のかたは両方とも年末前に控除のためのハガキがくるので
要チェックです。
保険のかけすぎは問題ですが、控除の対象なので上手に活用したいですね。
小規模企業等掛金控除はIdecoを活用した控除です。
掛金が全額控除になるのでやらない理由がないです!

今日は役所に行ったのは、この所得控除を増やす変更手続きに行ってきたのです。

サラリーマンだと税金にうとくなりがちですが、税金の意識が高いと世の中の
景色が変わるかもしれないので、簡単な本で勉強するのもおすすめです。

YouTubeで勉強するのもいいかかもですね。自分もチャンネル登録しているユーチューバーさん
何人かいますよ。税のことなら大河内薫さんかな。わかりやすく切り込みますよ。

とまあ税のことも勉強してみるのもおもしろいですよ。

きょうはここまで。

 

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。