知っておきたい公的制度

いつ支給?いくらもらえるの?【出産手当金】をわかりやすく解説!

今回は出産手当金についてわかりやすく解説します。

必要な手続きはどうすればいいのか?いつ支給なの?どれくらいもらえるの?
とわからないことが多いこの制度。

おおまかな流れを知っていれば、不安も少し和らぐかと思います。

一緒にみていきましょう(*^^)v

そもそもの制度自体を教えてください

出産手当金とは

出産手当金とは、健康保険に加入している方が出産のため仕事を休み、収入がないときにもらえるお金のことです。

出産予定日の42日前(産前)から出産の翌日以後56日目(産後)までの間で、給料が支払われていない日数分の出産手当金が支給される制度です。

それと、支給される要件があります
1.自身が健康保険に加入していること(扶養者のかたはごめんなさい)
2.出産のため会社を休んでいること
3.休んでる期間、給与の支払いがないこと

基本的には給付日数は98日(42日+56日)と思ってください。
加えて出産予定日より出産が遅れた場合は、その遅れた日数分が産前にプラスされます。

早まった場合は、前に日にちがずれて98日(42日+56日)となります。
ただ、注意点として産前のギリギリまで働いていた場合は、この前にずれた産前の期間が出勤とかぶった場合には要件を満たさなくなり、給付日数にカウントされなくなるので気をつけてください。

余裕をもって産休に入ることを考えてもいいのかもしれませんね。

出産手当金の支給額

出産手当金の一日あたりの支給額は

支給開始日の以前12ヵ月の各標準報酬月額を平均した額÷30日×2/3となります。

月収の一日単価をだしその約66%くらいが支給されるイメージです。

月収が20万で給付日数が98日の場合は
20万÷30日×66%×98日=432.200円くらいになります。

出産手当金の支給時期

出産手当金は、産前・産後とわけて請求することも可能ですが、一般的にはまとめて支給されます。

支給対象期間に働いていないことが条件なので、早くても産後休暇の終了したあとに申請する流れとなります。
会社から必要な書類を取り寄せて、医師の証明も必要なので、前もってその点を確認しておきましょう。

出産を理由に退職を考えてる人も条件を満たせば出産手当金は支給される

その条件とは

1.退職日までに継続して1年以上健康保険に加入している
2.退職日が出産手当金の支給期間内に入っている
3.退職日に勤務していない

となります。退職後に出産手当金を受けたいときは会社とよくよく相談するようにしましょう。

社会保険料が免除されます

産休中は、年金保険料、健康保険料、介護保険料、雇用保険料といった社会保険料の支払いが免除となります。特に自分で手続きする必要はなく、会社へ産休の届けがだしてあれば、大丈夫です。

要点まとめ

出産に関してはどれくらい費用がかかるのか、どういった給付があるのかを事前に確認しておくことが大事かと思います。
また、産休中に有給をつかう方もあるかもですが、これはもったいないと思います。
有給で給料が発生しているときは出産手当金でませんからね。
有給はいざというときのためにとっておいたほが得策かと思います。

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。