iDeCo

【iDeCo編】老後資産の作り方をわかりやすく解説します!

この記事は

・なんとなく老後に不安を感じている方
・老後に不安は感じるが、特になにも行動していない方

にとって、これからどう行動していけばいいのかを書きます。自分に参考になると思ったら、やってみてください。

この記事を読むこととでわかること

・具体的な数字を示すので老後資金の貯め方のイメージがつきます。
・老後資金を作るには銀行預金だけではないく、資産運用の必要性がわかります。

では、順を追ってみていきましょう!

ステップ①老後資産の目標金額を設定する

まずは、前提として65歳定年として、以降は無職としてます。会社員+専業主婦、子供2人の設定とします。

そして、目標金額を設定します。

・2000万円・・・「老後2000万問題」の金額。昨年炎上しましたが、真っ当な金額です。医療費と介護費を計上しんければ、この金額は必要です。

・2500万円・・・当ブログで示した金額。医療費と介護費も計上しております。

・3000万円・・・いわゆる「ゆとりのある老後」レベル。毎月36万ほど支出可能です。

【iDeCo編】老後資産はいくら必要なのか?FPが解説します! 老後どれくらいお金が必要になるか考えてたことはありますか? 「人生100年時代」といわれ、老後に対して漠然とした不安がある人も多い...

ステップ②毎月の積立額を試算する

ステップ①で設定した目標額に達するように毎月の積立額を計算します。

目標額÷積立年数÷12(1年間)で求めます。

現在25歳で積立年数が40年ある場合は

2000万÷40年÷12=約4.1万

2500万÷40年÷12=約5.2万

3500万÷40年÷12=約7.2万

積立期間が長いほど毎月の積立額は低くなります。逆に短いほど、毎月の積立なければならない額が高かくなります。

2500万をあと10年で作ることを目標とする場合は20.8万円を毎月積立なければいけません。(これはきびしい・・・)

それと、この運用は利回りがほぼつかない銀行預金で貯金をした場合です。

次に、運用の場合を考えます。

ステップ③資産運用をすることを考える

資産運用をして利回りによるリターンを得ていけば、毎月の積立額は抑えることが可能です。

2500万を40年で貯める場合だと

銀行預金のリターンが0%だと5.2万

リターンが2%の商品で運用できたら2.8万

リターンが5%の商品で運用できたら1.4万

リターンが7%の商品で運用できたら0.9万

で2500万を達成することが可能です。運用することで毎月の積立額が低くすることができます。この金額ならば、実現可能な数字なのではないでしょうか。

ちなみに、5.2万を運用にまわせるのならば、結果はこうなります

毎月5.2万をリターンが2%の商品での運用したら、
40年後は➡3883万

毎月5.2万をリターンが5%の商品での運用したら、
40年後は➡7880万

毎月5.2万をリターンが7%の商品での運用したら、
40年後は➡1億3173万

これは資産運用による複利効果の力です。

時間と複利を味方につけて、お金を運用に回すことができれば、老後の資産形成は厳しくありません。

金利の簡単解説!複利と単利の違いを理解する! 金利は聞いたことがあるけど、複利?単利?って何?という方に、見習いFPがわかりやすく解説します。 複利を知ってるか知らなで人生変わ...

ただ、資産運用はもちろんリスクも伴います。必ず増えるとは言い切れないのです。それと、銀行預金と違い元本が保証がありません。

つまり、リスクをとることが必要です。増えるリスクもありますが、減るリスクもあるということです。

投資は自己責任です。しっかりと勉強して、取り組みましょう。

金融のプロ(銀行員や保険屋さん)のおすすめのままではダメですよ。

まとめ:老後資産の作り方

・自分の場合の目標とする金額を設定して、あと残りの期間から毎月の積立額をだしてみること。(ざっくりでも大丈夫)

・資産運用とはなにかを勉強して、少しでも取り組むこと。(やってみるといろいろと勉強になります)

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。