ライフプラン

【人生3大支出】総額は1億円以上?!かかる支出を見積もろう!

いきなりですが、皆さんは、人生における3大支出を答えられますか?

私はFPの勉強を始めてからこれを知りました。(もっと早くに知っていたかった・・・)

答えは、教育資金・住宅資金・老後資金です。

この3つは人生における大きな支出となるので、前もって計画的に準備しておくが必要です。

今記事は3大支出はどれくらいお金がかかるのか、またどうやって準備していけばいいのかを解説していきたいと思います!

 

教育資金とは

どれくらいかかるのか

文部科学省の調査によると、子供1人あたりにかかる教育費用は一般的な進路(幼稚園、小・中・高は公立、大学は私立)で約1100万かかります。

もちろんこれは一般的な金額なので、うちはずっと私立の学校に行かせるとか、大学は国公立をめざしたいとか、各家庭の教育方針があると思うので、早めにご夫婦で相談することが必要になります。

 

方針はあくまで目安です。子供の状況等も変化があると思ので、その都度対応する感じですね。
大切なのは夫婦で話し合っているということ!

↓参考資料です。

※ 大学…国公立:文理系、私立:文系 どちらも自宅通学
【出典】幼稚園から高校まで文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」大学については独立行政法人 日本学生支援機構「平成28年度学生生活調査結果」
文部科学省「平成22年度国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について」「平成29年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額の調査結果について」

教育資金の準備方法

一般的な進路であれば、高校までは基本家計からのやりくりでまかなっていきたいところです。

大学の資金は高額になるので前もっての準備が必要です。私立や国公立、自宅か一人暮らしなのかによっても金額は変わってきますが、ざっくり500万くらい見積もっておけば、大丈夫かと思います。(もちろん上振れ、下振れございます)

おすすめ法は

まず児童手当は全額貯金にあてましょう
現状の支給額はこちらです

児童の年齢 児童手当の額(一人あたり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上
小学校修了前
10,000円
(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

中学卒業時に約200万たまります。あと300ですね。

貯金だと毎月1.4万円まわせば302.4万貯まりますね。
(1.4万円×12×18年=302.4)
これで目標の500万に到達です。

大学までの準備期間が18年あることを考えると投資で運用することも考えてみることもいいと思います。

おすすめの制度は積み立てNISAです。

期待リターンを3%とすれば1.4万毎月投資し18年後には400万くらいになるので、100万ほどが運用益になります。しかもこれはNISAの制度により非課税になるのです。

もちろんやらなくてもいいですが、こういう制度があることを知ることと、それを勉強しておくことは必要なことだと思っています。

住宅資金とは

どれくらいかかるのか

住宅の平均購入価格は建売住宅で平均3.442万円、マンションで平均4.437万円です。

これに加えて戸建てなら将来のための修繕費や固定資産税。マンションには修繕費、管理費、駐車場代等が発生してきます。

もちろん都市部と郊外でも違うと思いますが、概算といったところです。

持ち家か賃貸かという問題もありあすが、そこは住宅費として将来的に考える点では一緒ですね。(今回は持ち家とう点で考えています)

住宅資金の準備方法

基本的には住宅ローンでお金を借りることになるかと思います。

そのさいのポイントは
・自己資金をいくら用意するか
・金利をどうするか(フラット35?固定金利?変動金利?)
です。

毎月支払っていける額は決まっていると思うので、おのずと買える予算額は決まってくると思います。
(毎月貯金はしたいのであまり無理な設定にはしないでくださいね。)

ボーナス払いも基本しないほうが良いです。なにかあったときにあてられるようにボーナス分は確保しときたいですね。

老後資金とは

どれくらいかかるのか

総務省の調査によると、高齢世帯(夫婦2人)の月々の支出は26万円なのにたいし、年金等による収入は22万円だそうです。1か月4万円不足です。85歳までの25年間不足した時の合計額は1200万になります。

さらに、そこから医療費やら介護費もかかることをみこしておくと、ざっくり2000万は不足することになります。

これはあくまでも、一般的な概算なので、自分の場合は貯金がいくらあって、支出はどうで、年金はこれくらをみこせるから、あと不足はいくらになるかを考える必要があります。

もちろん、働く期間が後ろに延びれば、その分マイナス幅は圧縮されるから、だいぶ楽にもなりますし。

自分の場合はどうなるのかを落とし込んでかんがることが重要です!

老後資金の準備方法

もちろん貯金が必要になるのですが、老後資金が必要になるには、かなり先の話になると思います。

長期の目標である老後資金の準備の方法は資産の運用です。

個人型確定拠出年金iDeCoやつみたてNISAの活用がいいと思っています。

これは税制面での優遇があるためです。

iDeCo ・運用益が非課税。 ・掛金が全額所得控除の対象となる(ただし、働き方によって掛金の上限額が決められている)。 ・年金として受け取る際は「公的年金等控除」、一時金として受け取る際は「退職所得控除」の対象となる。
つみたてNISA ・購入した株や投資信託(年間40万円まで)に対する運用益が最長20年間非課税

国が税制の面からも後押ししている制度になります。

気になるかたはぜひ調べてみてください。

まとめ

人生の3大支出に備えるには、

1.ライフプランを作ること
2.いくら必要なのか把握すること
3.そのための準備方法を考えること

であります。

なによりも、事前に準備しておくことが重要です。
このブログでも知って役立つ情報を発信していきますので活用してくださいませ。

 

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。