ライフプラン

【○○の壁シリーズ】106・130万円の壁を解説します!

106万と130万の壁は社会保険の壁になります。

この壁の理解がパートではたらく主婦の方にとっては最重要です。制度を理解して、いくら以上稼げば自分にとってプラスに働くのかをこの記事を読むことでわかるようになるので、みていきましょう!

106万円の壁とは

106万円の壁とは社会保険の壁です。

パートやバイトが社会保険に加入する義務が生じるのは、正社員の4分の3以上の出勤日数、時間を働いているか、もしくわ以下の5つの条件を満たした時です。

・雇用期間が1年以上
・1週間あたりの所定労働時間が20時間以上
・1か月の賃金が8.8万円以上
・会社の従業員が501人以上
・学生ではない

この5つの条件を満たすと、正社員の4分の3ルールでなくても、社会保険に加入する義務が発生するということです。

義務になるので「私は入りたくないから、入らない!」は通じないということです。

130万円の壁とは

130万円も社会保険に関する壁です。

106万以上で社会保険に加入対象になる方もいますが、そもそものところで130万を超えると扶養になることができないということです。

その場合は会社の社会保険に加入するか、国保と国民年金に加入するかということになります。

長い目みれば大きなメリットがある

社会保険に加入するというのは健康保険料と厚生年金が引かれるので手取り額は減りますが、長い目でみたらメリットもあるのでご紹介します。

医療に関する保障が充実になる

病気やケガで仕事を休むことになった時に傷病手当金がでる。
これはおおよそ月給の3分の2をイメージしてください。

出産したときには出産手当金がでる。
これは扶養のときにでる出産一時金とはちがい、産前産後と仕事を休んだ期間にでる給付金です。もちろん一時金もでるので、健康保険に加入することにより、出産のさいには手当金と一時金が両方もらえるということになるのです。

将来受け取れる年金額がふえる

扶養のときには国民年金の第3号となり、老後は国民年金のみの支給になりますが、社会保険に加入すると厚生年金を毎月支払っていくことになるので、将来もらえる年金は国民年金と厚生年金の両方からもらえることになり、厚生年金の分の受給額が増えることになるのです。

いくら以上稼げば手取りベースでプラスになるのか

プラス20万をみておけば手取りベースでもぷらすになる!

106万以上のところで社会保険に加入しているのなら126万以上

130万以上で扶養を外れて社会保険に加入しているのなら150万以上

を目安に稼いでいけば、手取りの収入増も見込めて、将来の手当も厚くなるということになります。

働き方まとめ

・106万以下でしっかり調整する
税金面も考慮すると100万以下がベター
・150万以上でしっかり稼ぐ
将来のことを見据えて稼ぎましょう

この2択になります。
家計と働く時間を考えてプランニングしましょう!

↓応援クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。